司法書士事務所案内

事務所名 司法書士倉橋孝行事務所
所属司法書士 司法書士 倉橋孝行 青森県司法書士会 第316号
事務所所在地 弘前市大字早稲田三丁目2番地9
営業時間 月曜日から金曜日9:00~17:00
お電話いただければ、休日時間外でも相談を受け付けております。
電話番号 0172-26-4777
FAX番号 0172-26-4955
メールアドレス info@shihoshoshi-kurahashi.com
業務内容 相続・遺言、贈与、不動産登記、商業登記、裁判書類作成
対応エリア 弘前市、青森市、浪岡、黒石市、平川市、津軽一円対応可。

司法書士の仕事

司法書士は、不動産登記や商業登記、裁判所提出書類作成、成年後見等の依頼を受けて、法務局、裁判所や検察庁、に提出する書類を作成する仕事や、登記手続を代理して行う仕事をしています。

司法書士は、司法書士試験に合格し登録して開業する場合と法務大臣認定を受けて登録して開業する場合の2パータンがあります。

司法書士の仕事内容をわかりやすく説明すると、主な仕事は、土地や建物の登記手続(名義の変更など)きや、会社設立や役員変更の登記手続です。

普段の生活の中でこのような問題でお困りのときは、是非、当事務所へご相談ください。

司法書士試験

司法書士試験は年1回法務省が行う国家試験です。受験資格の制限はなく、だれでも受験することができます。

筆記試験の内容は、午前の部の憲法、民法、会社法及び刑法などの実体法の多肢択一式試験と、午後の部の不動産登記法及び商業登記法などの多肢択一式試験と記述式試験です。

筆記試験に合格すると、口述試験を受験することとなり、口述試験に合格すると司法書士試験の最終合格となります。

試験の難易度は変動がございますが、受験者数は年々減少傾向のようです。

司法書士事務所

司法書士法人以外の司法書士は、1つだけ事務所を持つことを許されています。

司法書士事務所といっても、何人も司法書士が所属する東京の大手の事務所や1人でやっている街の法律家など色々です。

当事務所は、いつでも相談を受けられるよう、体制を整えております。

司法書士事務所を訪問し相談を受けることによって、依頼者が手続を行う決意を新たにし、問題解決に取り組むことができるようになります。

無料相談

当事務所では、相談を無料で行っております。相談だけで手続を行わない場合も無料で行っております。

また、たくさんのお客様にご利用いただけるよう、なるべくリーズナブルで低料金を心がけております。

相続のご相談など、予算がある方もいらっしゃるかと思いますので、料金のご相談をしていただいてもかまいません。

ぜひ、司法書士倉橋孝行事務所をご利用ください。

相続と司法書士

相続は、色々な士業がかかわる分野です。遺産分割協議書や遺言の作成を行政書士が行ったり、遺産分割調停を弁護士が行ったり、相続税の申告を税理士が行ったりと様々です。

色々な士業の方がいらっしゃる中で、司法書士は相続の結論の部分である相続登記を行います。

具体的には、土地や建物を相続人の名義に変更する登記を行います。

遺産分割協議書を作成する場合、遺言書のある場合、遺産分割調停を行った場合など、様々なパターンがございますが、当事務所では、いずれも対応可能です。

相続放棄と司法書士

相続放棄手続きは被相続人つまり死亡した人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。

例えば、弘前市でお亡くなりになった場合は、令和4年現在、青森家庭裁判所弘前支部で手続を行うことになります。青森市であれば浪岡地区であれば青森家庭裁判所弘前支部で行い、それ以外であれば青森家庭裁判所で行うこととなります。

司法書士は家庭裁判所の手続について代理することはできませんが、提出する書類を作成することができます。実際に多くの方が書類の作成を依頼され手続をしています。

ぜひ、ご利用ください。

法定相続一覧図と司法書士

平成29年5月から、法定相続一覧図の制度がスタートいたしました。

法定相続一覧図とは、被相続人のすべての相続人を記載し、法務局の認証を経た書類です。

銀行手続、最近は、申告手続などに利用できるようになるなど、利用範囲も年々拡大しております。

法定相続一覧図を作成できる士業は、司法書士だけではございませんが、司法書士は相続人調査を得意としており、得意な分野であることは間違いありません。

また、法定相続情報一覧図制度によって、司法書士が銀行での預貯金の解約などの手続について関与できる度合いが高まりました。

ぜひ、ご利用ください。